FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

火力用クリスタル構成




武器用クリスタル
火力の大事な役割、ダメージを稼ぐために重要なのがクリスタルです。
これを変えるとダメージもかなり変わります。

火力は後方クリティカル威力UP系のクリスタルなどをつめて、後方からクリティカルダメージを狙っていくのが基本です。
そのためのクリスタル構成にしてあげるとすごい伸びます。
また敵やプレイスタイルによってクリスタルを変えていくのもとてもいいですが、変え忘れには注意しましょう!

TERA_ScreenShot_20160227_014432_1.png 卑劣な一撃
後方攻撃時クリティカル威力がアップします。

TERA_ScreenShot_20160227_014427_4.png 憤怒の終結者
憤怒状態のモンスター攻撃時クリティカル威力がアップします。

MOBによって憤怒しにくい、憤怒が冷めやすいMOBなどもいますが、どのMOBも憤怒します。
また盾職のレイジインダクションという技を使えば憤怒させることができます。
憤怒時ならば方向関係なくクリダメがアップする上に、効果値も高いので是非つけましょう。

TERA_ScreenShot_20160227_014427_1.png 破壊者の憤怒 ( TERA_ScreenShot_20160227_014427_3.png 審判者の憤怒 )
モンスターを後方攻撃時クリティカル威力がアップします。
卑劣な一撃と併用して使うことができます。

審判者のほうは、側方・後方から攻撃時となっていて範囲が広いですが、遠距離スキル使用時にしか適応されません
つまりアーチャー・ソーサラー・ガンナー専用です。この3職は審判者のほうをつけましょう。
それ以外の職はつけても効果ないので破壊者の憤怒をつけようね。

TERA_ScreenShot_20160227_014432.png 弱点強打 or TERA_ScreenShot_20160227_014432_4.png 精密打撃 ( or TERA_ScreenShot_20160227_014427.png 破壊者の威容 )
弱点強打:後方クリティカル攻撃時、力上昇
精密打撃:クリティカル発生率増加
破壊者の威容:モンスター攻撃時ダメージ増加

お好み枠です。どれか一つを選んで入れましょう。職やステータス、パーティー構成によってオススメも変わると思います。
ドレ選んでいいか分からない!ってなった方は簡単にいうと
最大ダメージを伸ばしたい→弱点強打
もっとクリティカルを出したい→精密打撃

こんな感じで選ぶといいです。

破壊者の威容はどんなときもダメージをあげてくれる、すごい強そうなクリスタルに見えるのですが
これを入れたからといって後方じゃないところで殴ってもすごい強くはなりません。
ステータスによっては弱点強打よりも強くなるという上級者さんもいますが、
要求ステータス高いようなので、弱点強打か精密打撃のどちらかでいいと思います。

弱点強打を入れて殴ると後方をとると、力上昇の文字がでてくるので
それを見つつ後方を取れているかと確認するのにも使えます。(クリティカルでないと分かりませんが)
慣れてないうちはそうやって後方とる練習、というのもいいと思います。



防具用クリスタル

TERA_ScreenShot_20160227_014439.png 破壊者の意志 ×4
全てのモンスターからの被ダメが軽減します。
これを4つ詰めましょう。PVEのどのような場面でもダメージを軽減してくれます。

新規さんでありがちなのが平和の速度・回復の流れ・救援の祝福など
その他クリを訳も分からずカラフルにつけてるパターン。

PTプレイ中ではヒーラーさんがいますので、HPのほうは任せましょう。
それでも被弾してしまってヒラさんめっちゃ働かせてる!ヤバい!って思ったら、
クリスタルを変えるまえに立ち回りのほうを見直してみましょう。



アクセ用クリスタル

TERA_ScreenShot_20160227_014447_1.png 憤怒の逆流 、 TERA_ScreenShot_20160227_014447.png 力の逆流
憤怒の逆流:クリティカル発生上昇
力の逆流:力上昇

クリ発の加減や、職毎によって違いますので何とも言い難いですが、オススメは憤怒の逆流
クリ発信者のわたしは後方クリティカルを出してこその最大火力だと思ってます。
最低でもクリ発200程度は確保したいので、カンストしたての方はとりあえず憤怒の逆流をつけておくといいと思います。

クリ発がみなぎってきて、エレPTに入ったりしてクリティカルは足りてるかな、となったら
そのような場合は力の逆流を使ってみるのもいいかもしれません。

スポンサーサイト
  •   10, 2016 13:47
  •  0

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。